音声ペンの応用分野

音声ペンの応用分野(語学教育以外)

1.音声ガイド
2.音声メニュー
3.旅行ガイド
4.障がい者の支援ツール
5.真偽判定

1.音声ガイド
美術館、博物館などで、音声ガイドのデバイスを提供している場合がありますが、コードを選択する方式で、あまり便利ではないですね。ドットコードを印刷したフロアマップと音声ペンで、簡単に作品を選んでガイダンスの音声を聞くシステムが実現できます。

2.音声メニュー
レストランで、ドットコードを印刷したメニューと音声ペンで、料理の内容を声で聞くことが出来るシステムが導入できます。多国語化も可能で、外国人のお客さんにとって便利です。

3.旅行ガイド
海外旅行で、よく使う文例を集めた本があります、発音が正しくできないとやはり通じませんね。音声ペンで声が聞ける本にすれば、正しい発音で話すことが容易になります。

4.障がい者の支援ツール
目の不自由な人にとって、文章を理解するためには点字がたよりですが、音声で聞くことが出来れば、より理解がしやすいですね。点字とドットコードの組み合わせで、点字のみの場合よりもコンパクトで便利なテキストにできます。

5.真偽判定
不法なコピーの防止のため、本物にはドットコードを印刷して、真偽判定に適用ができます。ドットコードは目に見えないので、見かけ上は同じように見えて、ペンでタッチして音声が聞けるものが本物という判定をする技術として適用できます。衣類のタグにも適用可能です。